| main | << 大きな夢
マドンナ歌劇団*天満教会コンサート2018*

昨日は天満教会でマドンナ歌劇団のコンサートがありました。

 

マドンナ歌劇団のコンサートでは、毎回、いろんなドタバタが起こるのですが、

今回も例外なく、直前までどうなることかのドタバタで、

でも、これも例外なく、

本番にはぴったり息のあった、マドンナ歌劇団らしい公演となりました♪

 

第1部は教会にちなんだ曲を選び、基本的にはMCでつなぐ構成にしていましたが、

冒頭にミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の一場面を入れ、

第1部の最後に映画『天使にラブソングを』の1曲を入れて、

しっとりだけでなく、笑いとリズムも入れて楽しい雰囲気を作る事ができました。

 

 

 

 

 

その中で、私は、フォーレの『レクイエム』より「Pie Jesu」と、

ソプラノ・デュオ*Dolci*でヘンデル作曲「オン・ブラ・マイフ」を歌いました。

「Pie Jesu」は大好きな曲で、天から降りてくるような音楽にしたかったけど、

これがなかなか難しく。。。

教会の響きに助けられてなんとか形にはできましたが、

理想にはまだまだ近づけず。。。

もっと精進しなければ!

「オン・ブラ・マイフ」は何度か歌ったことのある曲で、

相方:ふみえちゃんと歌うこの曲は自分でも大好き!

昨日は今までで一番上手くいった気がしました。

 

 

そして第2部。

今年が童謡が生まれて100周年ということで、

さまざまな童謡を取り上げました。

 

実は最初、童謡でプログラムを組むとなった時に、

どうやって繋いだら良いものかと、かなり悩みました。

組長:外山さんにアドバイス頂いて、

いろんな動画を見たりしながら、

そして、お稽古でメンバーからいろいろ意見を頂きながら、

とある架空の村の秋祭りの1日のように作り上げる事ができました。

 

その中で私は、恋愛にとんと疎い娘役。

まあ、私そのままのようなキャラクターで、

ソロは「紅葉」を歌いました。

ピアニスト:豊永さんが用意してくださった楽譜のアレンジがとても素敵で、

単調になりやすいこの曲がとーってもドラマチックな雰囲気の曲に!

村の山が夕日に照らされて赤く染まっていく様子や、

川の流れを紅葉の葉が色づけていく様子を、

お客様にお届けできていたらと思います。

 

 

 

そして、第2部最後には、

いつもどんな無茶ぶりをしてもやってのけてくれる面白キャラ:さえちゃんが、

たぬきに変身して「ぽんぽこー!」と登場♪

一番心配だった「しょじょ寺」がばっちり決まって、

最後は「村祭」の大合唱で賑やかに幕を閉じる事ができました。

 

 

 

アンコールでは、たくさんのお客様と一緒に、

「旅愁」を歌って終演。

この「旅愁」が後で合流したお客様との打ち上げの席で大討論に!

若くても知ってる人がいるのに、40歳過ぎてても全然知らない人、

音楽の教科書には載ってたと思うけど、

知らない人は曲を聞いてもピンとこなかったよう。

会場で全員に聞いてみたら面白かったかな?と思ったりしました。

 

今回も、たくさんのお客様にお集り頂き、

温かくマドンナ歌劇団の音楽を見守り聴いて下さって、

帰りには、たくさんの方が笑顔で「ありがとう」という言葉をかけて下さいました。

感謝感謝感謝の限りです。

そんなお客様に少しでも楽しい時間を過ごしていただけるように、

これからも頭と身体をフル回転して、素敵な舞台を作っていきたいと思います!

 

本当にありがとうございました!

 

 

posted by 田中敦子 | 18:54 | コンサート
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール