あきらめきれない >> | main | << 誕生数秘学カウンセリング
平等院鳳凰堂
3年ぶりに平等院に行ってきました!

10:30過ぎに到着して、まずは鳳凰堂内見学の予約。
改修工事が終わったばかりで、平日にも関わらずすごいお客さんで、
予約は1時間先の12:10でした。
なので、まずは鳳凰堂の写真撮影!
平成の大改修が終わり、創建当時の姿に生まれ変わった平等院鳳凰堂は、
朱色に金色の鳳凰が映えて、とーっても素敵になっていました!





 height=

平等院は藤原頼道が父親から譲り受けた別荘地に1052年に建てたもの。
人は亡くなるとお釈迦様が迎えに来て、蓮の花にその魂を入れて極楽に持ち帰り、極楽の池に蓮の花を浮かべると花が開いて、魂が極楽に放されるという。
平等院は極楽浄土を表現していて、阿弥陀如来様が鎮座する鳳凰堂の前の池はその極楽の池なのだとか。
改修前は大雨の被害などもあり、池もかなり荒れてたけど、今はすっかりきれいに整っていて、まさしく、極楽のような穏やかさでした(*^^*)

記念撮影の後は鳳翔館へ♪
ここもいつもよりかなりの人混み!
そして改修に伴って館の内容もかなりリフレッシュし充実していました(^^)
企画展は改修工事で再建された翼廊楼閣の棟 飾り「露盤宝珠」。
制作の作業工程を文章や映像で解説し、一代目を保存展示してありました。
屋根の上にあって前は青銅色になってたのであまり目立たなかったけど、間近で見るとかなりの大きさでした。



でも私のお気に入りは何と言っても「雲中供養菩薩像」♪
亡くなった時にお釈迦様と一緒に迎えに来てくれる52体の菩薩様で、楽器を弾いていたり歌ったり踊ったりしている方もいて、表情もさまざま。
今日の私のお気に入りは展示の正面センターを飾ってしなやかに踊ってる菩薩像(*^^*)
こんな風に賑やかに迎えに来てくれると思ったら、ちょっと楽しそうですよね♪

鳳翔館を満喫した後は鳳凰堂の中へ。
別途300円かかるけど、絶対に中に入るべき!
係りの人がいろいろ説明してくれます。
阿弥陀如来像の周りの壁には雲中供養菩薩像が飾ってあって、お迎えの時の様子が描かれています。
そのお迎えにはランクがあって、「上の上中下」「中の上中下」「下の上中下」の9段階。
下になるとお釈迦様本人ではなく代理の人のお迎えになるらしいから、中はキープしたいなぁなんて、いつも思いますσ(^_^;
今日は人がいっぱいで立ったまま見学だったけど、すいてたらゆっくり下に座って阿弥陀様を見上げながら説明が聞けます。
それは至福の時間です♪

今日はお天気も良くて、絶好の平等院日より(*^^*)
疲れた心身をゆっくり癒すことができました(*^O^*)

posted by 田中敦子 | 23:25 | 日々
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール